C3 コルベット。 一体なぜ?シボレー「コルベットC3」がガレージにて放置に。走行距離僅か1,500kmと全く走らせていなかった模様

コルベット C3 コルベット C3

😭 エンジンは前輪車軸後部に搭載され49:51とスポーツカーとしてほぼ理想的な前後重量配分を実現した。

7
コルベット C3 コルベット C3

😔 オプションにワークス・ストックカー用エンジン『L88』を搭載したZL1が登場し、カタログスペックで430馬力とされていましたが、これはレースガソリン以外で走らせることができない本格レースエンジンだったため、実際は500馬力あるといわれています。

6
コルベット C3 コルベット C3

😅 1」の象徴。

6
コルベット C3 コルベット C3

☺ オプション設定にはグラストップが追加されるが、これはコルベットがスポーツカーというより、長距離を高速で移動することに主眼を置いたGTカー的な方向に寄ったものであることを示していた。

コルベット C3 コルベット C3

☢ コルベットC3は魅力的である. しかもめちゃめちゃロングノーズであるからこそ、ドライバーは後輪軸の上に座っているかのごとき状態で走らせる。 実際の生産は秋頃から開始され、日本での販売はから行なわれている。 特に360馬力仕様は事実上のレーシング仕様で、足回りがレースを前提として硬くセッティングされており、公道での走行には適さないものであった。

17
コルベット C3 コルベット C3

🔥 このエンジンはオプション設定という形でカタログに記載されたが、価格が非常に高額だったため、ごく少数の生産に留まることとなった。 名付け親は開発担当者の一人である ビル・ミッチェル () で、これは彼がを嗜んでいたことに由来するといわれている。 デザインの元となった XP-87スティングレー・レーサー 1959年 スティングレイレーサーのスタイルを基礎にしてデザインされた C2型コルベットは、原型となったレーサーモデルの名を取って コルベットスティングレイ(綴りはSting Ray)と呼ばれた。

4
コルベット C3 コルベット C3

😀 - エンジンが変更される。

11
コルベット C3 コルベット C3

💢 サスペンションは、前ダブルウィッシュボーン式、後ドディオン・アクスル+トレーリングアームが採用された。 C6型 コルベットのリア 曲面で構成されていたC5型と比較し、よりエッジの利いたラインで構成された力強いスタイリングとなった。 非常に状態の良い車両だ。

コルベット C3 コルベット C3

⚑ ちなみに、このエンジンは後々のコルベットにも スモールブロックユニットとして受け継がれていくこととなる。 を標準装備、タイヤも太いものにグレードアップされた。

5